もう一度(これでだめな時は更新してください。) :描き直します。
自動的編x方向グラフy方向グラフ高次凸包
(凸包)
B−スプライン曲線x方向B−スプライン曲線y方向B−スプライン曲線高次凸包B−スプライン曲線
ベジエ曲線x方向ベジエ曲線y方向ベジエ曲線高次凸包ベジエ曲線
四色問題について考えていたら
描きたくなった図
四色バージョン2一色
(凸包の重ね合わせ)
二色
三色五色六色
Catmull-Romスプライン曲線
タイルのtessellation
(空間充填系)
三角形正三角形平行四辺形三角形その2平行四辺形その2
四角形四角形の変形型1の凸六角形-型2の凸六角形の変形
クリック編
(注:B−スプラインは
7つのアプレットが
登場するので重いです。)
x方向グラフy方向グラフ高次凸包
(凸包)
B−スプライン曲線
(1に戻らない編)
B−スプライン曲線
(1に戻る編)
x方向B−スプライン曲線y方向B−スプライン曲線高次凸包B−スプライン曲線
ベジエ曲線
(0に戻らない編)
ベジエ曲線
(0に戻る編)
x方向ベジエ曲線y方向ベジエ曲線高次凸包ベジエ曲線
Catmull-Rom Spline的曲線
スクリーンセーバー

自動的編ドローネ三角形図ガブリエルグラフ相対近傍グラフ最小木
クリック編ドローネ三角形図ガブリエルグラフ相対近傍グラフ最小木
凸包(自動的編)凸包(クリック編)
高次凸包(自動的編)高次凸包(クリック編)
クランプ図(自動的編)クランプ図(クリック編)

型2の凸六角形のタイルのtessellationの変形(2013年5月6日公開、2013”N05ŒŽ06“ú12:40:07第0回の改訂)

上はJAVAで作られています。メモリを大量に使ったり、重くなるかもしれません。その時は、ごめんなさい。
実行後に画面をスクロールしたり、アプレット全体が画面に入ってないと、間違った画面になるかもしれないので、気をつけてください。画面の大きさを決めてから”もう一度”をクリックするか、更新(reload)してください。


ここでは、同じ六角形をくっつけながら、画面が隙間なく重複なく埋めつくされるようがんばっています。
参考文献によると、凸六角形が画面をうめつくす条件には3つのパターンがあるようで、ここではそのうちの1つにあたる六角形で画面をうめつくそうとしています。
本来であれば、重複なく埋め尽くされているところを見せるべきなのですが、プログラムが不完全な段階で、けっこう芸術的なんじゃない!?というのができたので公開しちゃうという大胆な作戦に出たのです! 参考文献
一松信著、タイル張りの問題、数学100の問題、数学セミナー編集部編、日本評論社
●Javaプログラムのダウンロード(tile6_2v.java)

ご意見、ご感想、お問い合わせ、お願い等がございましたら、お気軽に、
メール送信フォームからメールを送るか、
●掲示板に書き込むか、
どちらかお好きな方法で、ご連絡お願いいたします。


●大山崇のホームページの利用について
●大山崇のホームページ